表示切替:SP 

看護兵(メディック)

看護兵(メディック)概要

アメリカ合衆国 イギリス帝国 イタリア王国
ドイツ帝国 オーストリア
ハンガリー帝国
オスマン帝国

看護兵(メディック)解説

看護兵の概要

BF1での看護兵はBF4での突撃兵やBFHでのオペレーターのような役割を与えられたクラスです。
アサルトライフル登場以前のBF1においてはセミオートのライフル(一部フルオート切り替え機能あり)をメイン武器とし、ガジェットには看護兵の名が示すように包帯ポーチ、医薬品箱といった回復系と医療注射器の蘇生系を持っています。合わせて榴弾、スモーク、フラグを射出するライフルグレネードも選択装備可能です。
中距離をメインとした戦闘を得意とする兵科で、装備可能なライフルは精度や威力に長けたものとなっています。BFで例えるところのDMRのようなものですが、BF1の看護兵のライフルは軒並み強力でメイン武器として前線で戦い抜くポテンシャルを有しています。

 

看護兵の役割

看護兵との名前が示す通り最大の役割は味方の回復や蘇生になります。回復系のキットは「医薬品箱」と「包帯ポーチ」の2種類。
医薬品箱はその場に設置される回復キットで、周辺の味方及び自分を1単位で徐々に回復させることが出来ます。2個目を置くと1個目は消えてしまいます。
ポーチは一人の味方及び自分を回復することが出来ます。また箱よりも遠くへ投げることが出来、取得したキャラが移動しても回復が継続するという利点があります。
倒れた味方を蘇生する医療注射器はBF4、BFHにあったチャージ(長押しで溜めると高いHPで蘇生)の要素が無くなりBF3のように即時フルHPでの蘇生が可能です。蘇生可能な味方はドクロマークが表示されるので近づいて蘇生することが出来ます。
蘇生をする際に周辺の警戒を怠り蘇生した味方も自分もデスしてしまうなんてことがよくあります。蘇生の際には周辺を警戒しつつするように心がけましょう。
フラグ等を射出するライフルグレネードも装備することが可能ですがチームでの役割を優先するとそれほど出番が多いとは言えないでしょう。


ポーチと箱のどちらを持つか悩む方もいるかも知れません。それぞれ一長一短ありますので一概には言えませんが、周辺にいる複数の味方を回復できる箱の方が恩恵があるかもしれません。例えばエリア確保時に長い時間その場にとどまる必要があるコンクエストでは箱を、常に動き回るような展開の多いチームデスマッチではパックをといった考え方で状況に応じて使い分けてみましょう。
(パックと箱両方持つという考えもありますが、キルデスが試合に影響するルールの場合蘇生が非常に重要になります。チームへの貢献を考えるなら片方は医療注射器を持つことをお勧めします)
またエリート兵は強力ですがダメージを受けると自動回復が非常に遅いという特性を持っています。もしエリート兵が近くにいる場合は随伴し回復をしてあげられれば強力なエリート兵を長く生存させることが出来ます。

看護兵での戦闘

看護兵の武器は中距離から遠距離で威力を発揮するオートライフルがメインになります。全体的に威力が高めなので近距離でも十分な強さを持っています。
個人の力量やスタイルにもよりますが味方の回復や蘇生の役割を考えると近距離戦闘が頻発するような戦い方よりも一歩引いた位置での戦いが望ましいでしょう。
初期装備のCei-Rigotti(初期仕様)はフルオートも選択可能で装填数10発ながら近距離ダメージ38の3発キルが可能です。
MondragonとSelbstladerは近距離~遠距離と全距離3発キルといった高威力のライフルでBF1全体でもいわゆる強武器と言われることの多い武器となっています。
また各武器のマークスマンや狙撃といったタイプは高倍率のスコープを装備しており遠距離戦においてスナイパーライフルにも引けを取らない戦闘能力を有しています。
また看護兵専用のサブウェポン、Auto Revolverは近距離での威力が53と非常に高く、中遠距離をライフル、近距離をサブウェポンと持ち替えつつ戦うのも有効な手段です。

看護兵(メディック)武器一覧

※さらに詳細の数値データは看護兵武器一覧をご覧ください。

名称

ダメージ
MAX - MIN
(ゲーム内数値)

精度 腰撃 コント
ロール
連射速度
弾速
マガジン
総弾数
リロード
途 - 空
必要ランク
必要WB 必要ランク
必要WP
Cei-Rigotti(初期仕様) 38 - 28
43
48 32 51 299RPM
700m/s
10/70
総 80
s
s
Rank: 看初
WB:0
Cei-Rigotti(光学照準) 38 - 28
43
63 32 51 299RPM
700m/s
10/70
総 80
s
s
Rank: 看1
WB:200
Cei-Rigotti(塹壕) 38 - 28
43
48 53 51 299RPM
700m/s
10/70
総 80
s
s
Rank: 看1
WB:200
M1907 SL(掃討) 42 - 23
37
48 32 64 299RPM
570m/s
21/63
総 84
2.3s
3.5s
Rank: 看0
WB:200
M1907 SL(初期仕様) 42 - 23
37
48 32 45 299RPM
570m/s
21/63
総 84
2.3s
3.5s
Rank: 看1
WB:200
M1907 SL(塹壕) 42 - 23
37
48 53 45 299RPM
570m/s
21/63
総 84
2.3s
3.5s
Rank: 看2
WB:200
Mondragon(突撃歩兵) 40 - 35
54
56 27 60 257RPM
800m/s
10/70
総 80
s
s
Rank: 看1
WB:200
Mondragon(光学照準) 40 - 35
54
74 27 36 257RPM
800m/s
10/70
総 80
s
s
Rank: 看3
WB:200
Mondragon(狙撃) 40 - 35
54
83 27 90 257RPM
800m/s
10/70
総 80
s
s
Rank: 看3
WB:200
Selbstlader M1916
(初期仕様)
40 - 35
54
56 27 36 224RPM
800m/s
26/52
総 78
2.37s
4.3s
Rank: 看0
WB:200
Selbstlade M1916
(マークスマン)
40 - 35
54
83 27 36 224RPM
800m/s
26/52
総 78
2.3s
4.3s
Rank: 看2
WB:200
Selbstlade M1916
(光学照準)
40 - 35
54
74 27 36 224RPM
800m/s
26/52
総 78
2.37s
4.3s
Rank: 看3
WB:200
Autoloading 8 .25(拡張) 38 - 21
35
48 32 71 359RPM
660m/s
16/64
総 80
2.6s
3.2s
Rank: 看2
WB:200
Autoloading 8 .35
(初期仕様)
42 - 30
45
48 32 42 359RPM
660m/s
5/65
総 70
2.6s
3.2s
Rank: 看2
WB:200
Autoloading 8 .35
(マークスマン)
42 - 30
45
71 32 42 359RPM
660m/s
5/65
総 70
2.6s
3.2s
Rank: 看3
WB:200
Selbstlade M1906
(初期仕様)
40 - 35
54
67 27 40 299RPM
800m/s
5/65
総 70
s
s
Rank: 看10
WB:200