BF1 個人的考察 其の1

遂にBattlefield最新作BF1が発表されたわけですが、まぁびっくりしました。
事前に第一次世界大戦が舞台と噂されてはいましたが、まさか本当に第一次世界大戦を持ってくるとは。
正直に言いますと私個人的にはFPSで一番好きな舞台設定は「現代戦」でした。

 

例えばBFシリーズで言うとBF3~BF4辺りが一番ツボなわけで、CODで言えばMW~MW3がそうなわけです。
また以前は第二次世界大戦もののFPSが多くあり、その時代設定も好きでしたね。
ベトナム戦争を描いたCOD:BOも好きでした。
逆に嫌いな時代設定はこれはもう未来です。BO2、BO3、GhostにAW、そしてCOD新作のIW・・・

 

じゃぁ第一次世界大戦は?というとこれが今までその時代設定を想定したことがなかったので「???」なわけです。

 

多くの人がそう想像するのと同じように「え?WW1?武器は?単発でパンパン?マップは?塹壕メイン?ビークルは????」と、まぁこの程度の知識でした。

しかしDICEは言います

「第一次世界大戦をテーマに選んだ経緯について、DICEはWW1がマスケット銃の時代だったという一般的な誤解が存在すると語り、第一次世界大戦中に終始新たな武器が誕生していたと説明。

力強く、本物の感覚を備えた大量の武器が存在するほか、最新作が(塹壕戦だけではなく)多彩なプレイスタイルとクールな経験を提供すると強調し、より個人的でフィジカルな物理的環境は全面戦争の夜明けにさかのぼるものだとして、“第一次世界大戦は近代戦の起源”だとアピールしている。」

この発言を読むと私達が危惧している武器のバリエーションや兵器のこのなど杞憂にすぎないのかな?と思えますね。

 

公開されたトレーラーはあくまでゲームエンジンデモであり実際のゲーム映像ではありませんが、それでも非常にレベルの高い作品になるのではないかとワクワクさせてくれます。

まずは第一次世界大戦を選択したDICEの挑戦に敬意を表し、来るさらなる情報公開に期待したいと思います。

Comments are closed.