表示切替:SP 

ST. QUENTIN SCAR(サン=カンタン スカー)

北部フランスの傷だらけの戦場で行われる大規模な戦闘。

春季攻勢あるいはカイザーシュラハト(皇帝の戦い)の一環となる戦いで、ドイツ軍は英国軍の防衛線を突破すべく、ありとあらゆる戦力を投じた。

サン=カンタンの塹壕線で繰り広げられる壮絶な戦いが待ち受けている。 固く守られた前線を突破し、 この時まで無傷であった小村トラヴシーに足を踏み入れる初の兵士は現れるのか…。

ST. QUENTIN SCAR コンクエスト概要

ST. QUENTIN SCAR コンクエスト
  • -
    非表示にする
  • -
    非表示にする
  • ---
    非表示にする
  • ---
    非表示にする
  • ---
    非表示にする
  • ---
    非表示にする

ST. QUENTIN SCAR コンクエストの攻略

  • 巨大兵器:Airship L30(飛行船)
  • 地上兵器:-両
  • 航空機 :-機
  • 騎馬  :-騎

プレイをしているとEDの拠点を中心にその周りのBCFのような感じがしてくるが、マップを眺めてみるとD-Eラインを中心に左右が均等になるような変則対象マップと言える。
6拠点マップなので各拠点を3づつグルーピングすると考えるとABC/ABDFED/FECとなるだろうか。
ここは最初に書いたようにEDの集落エリアが激戦となりやすく、往復する機会が多くなる。しかしEDの往復に気が行き過ぎるとあっという間にBを取られ挟み撃ちなんて展開が頻発する。これはED(特にE)がFに寄っているためであり、Bの防衛に手が回りにくくなるためである。
F陣営側はそのままED堅守からのC意識でよいだろうがA陣営側はまず「BD」のグルーピング意識を持ち、Bを放置してのむやみな「ED」展開は注意するべきだろう。

セオリーとしてはAB(FE)の維持からB(E)を拠点としたCDへのアプローチとなってくるだろう。

 

一見離れているように感じるC拠点も両端のA、Fからもさほど離れておらず、坂を経由するE,Bからのアプローチよりもむしろ移動しやすい位置関係となっている。

 

最激戦区のDは周辺の住宅と小屋の有効活用が重要と言える。住宅に関しては上階に複数の部屋があるのでDへ近づく敵兵の警戒に当たれるように攻防時には必ず占拠したい。

 

ビークルに関しては低地にある集落のEDと高地にあるABCFと坂で分断される形になるので移動にはマップの高低を意識することが大切。比較的開けているF-Eの方が運用しやすい半面、敵に車体をさらけ出すことになるので攻撃も受けやすくなる。

 

E-Dのラインが色々なオブジェクト活用出来る事に比べ若干B-D間の開けた坂が攻守ともにネックになりやすくFスタートのED攻めが有利に感じるが、Bの守りやすさを考えると両陣営とも上手く作られており、どちらが有利とも言えない絶妙なバランスを持つ良マップと言えるだろう。

ST. QUENTIN SCAR ミニBBS[ユーザーレビュー]

簡易的なミニ掲示板です。
ST. QUENTIN SCARのレビューやコンクエストの攻略ポイントなどお気軽にご利用ください。

 

なりすまし防止の為トリップを付けることも出来ます。

名前の後に「#任意の文字」です。

例:名前#12345 や 名前#文字列 

※システム上、書き込みは削除出来ませんのでご注意下さい。

 

ミニ掲示板